横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY

みなさん こんにちは

今日はトレーニングに関する情報について

書いていきたいと思います。

早速ですが、みなさんはトレーニング中に
吐き気を催したりすることはありますか??

激しい運動、特にスクワットなどの下半身を
使う運動は吐き気や立ち眩みが起こりやすいと言われていますが

今日はそのメカニズムについて
簡単に書いていきたいと思います。

まず、私たちの身体はある一定のストレスや
条件下において「反射」という生体反応がおこります。

例えば、何か熱い物や冷たい物を触った時に

「ひゃんっっ」

無意識になったりしますよね?これも
一種の反射です。

私たちの身体には様々な反射があるので
挙げだしたらキリがないのですが
運動中に吐き気を催すこともこれらのような
反射の一種です。

では運動中に気持ちう悪くなるのは
どんな反射なのか?

そしてなぜそれが脚のトレーニングの時に出やすいのか?

今現在、はっきりと断定されていませんが一つの

有力な説として

「迷走神経反射」なのではないかと言われています。

話しが急に変わりますが小学校の朝礼の時など

急に貧血になって倒れる友達がいませんでしたか?

これと同じ理論なのですが

脚のトレーニングを行うとまず反応性充血と言って

多くの血液が下半身に送り込まれます。

脚は筋肉量も多く、血液がたくさん送り込まれることによって

上半身、特に脳の血流が不足します。

そうなると副交感神経の働きが高まって

先ほど話した迷走神経反射が起こります。

この販社が起きると心拍数が低下して
血圧も下がります。

それによって吐き気や悪寒が起こると言われています。

ちなみにスクワット等の筋トレだけでなく

ランニングやダッシュでもこの反射は
起こりやすいです。

この反射が起きた時は脚に偏った血流を素早く
上半身に戻すことが大切となるので
脚を高くして横になったりすると楽になると思います。


ちなみに私は学生時代に脚のトレーニングを

追い込み過ぎて吐いたことがありますが
あの時は

「これ以上追い込んだら身体がバラバラになっちゃうよ~」という

本能的な警告だったのだなぁと思います。

身体のメカニズムを知ることによって
トレーニングもより身近なものになりますね。

楽しいトレーニングライフをお送りください

o0480039514140586422.jpg




横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム

 ライトブラザーズの無料測定

カウンセリングのご予約はこちら↓↓↓


お電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓
横浜店 045-320-9277
恵比寿店 03-6277-3929

List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る