横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY


みなさんこんにちは

今日は筋トレによって起こる生理的反応
「脳の疲労」について書いていきたいと思います。

早速ですが運動をすると皆さん疲れますね?

筋トレを行うとき限界まで行うと
動作のどこかで必ず反復できなくなる時が来ると思います。

さてその時はただ単に筋肉が疲労したからだけでしょうか?

先に結論から言うとこれには
私たちの脳も大きく関係しています。

o1020102414177586440.jpg




そもそも運動時の疲労とは
必要な力を発揮できなくなった状態といえますが

運動によって、脳、つまり中枢神経にも影響を与えて
筋肉を動かすための司令塔としての働きが
低下してしまいます。

その為、運動による疲労は
末梢性(筋肉)のものと中枢性(脳)

疲労に大きく分けることができます。

末梢性、つまり筋肉の疲労は
エネルギーの枯渇と乳酸などの疲労物質の蓄積に
よって起こります。

では中枢性、つまり脳の疲労はどのようにして
起こるのでしょうか?

基本的には筋肉の疲労と同じでエネルギー不足と
疲労物質の蓄積によって起こります。

ここで不足されるのはブドウ糖という糖質エネルギーです。
これは末梢性疲労の時も同じです。

しかし、蓄積される疲労物質は筋肉と脳で少々
異なります。

脳の疲労を意味する中枢性疲労の時に
蓄積される疲労物質はアミノ酸の一種のトリプトファンで
これがセロトニンに形を変えて交感神経の働きを
抑えます。

そしてもう一つ蓄積される中枢性疲労物質に
アンモニアがあります。

アンモニアは筋肉で作られて血流にのって
脳まで運ばれます。

アンモニアは神経活動を抑制すると言われており

中枢神経の疲労にも繋がると言われています。

カフェインなどはこのような中枢神経疲労を抑制すると言われているので
トレーニングの前に摂取するといいかもしれませんね。

今日は小難しい話になってしまいましたが
運動は筋肉だけでなく脳も披露させますよ、という
お話でした。

横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム

 ライトブラザーズの無料測定

カウンセリングのご予約はこちら↓↓↓

 

http://www.wb-gym.com/page/counseling/page1.php


お電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓
横浜店  045-320-9277
恵比寿店 03-6277-3929

 

LINE@にて㊙健康情報を随時更新中!

健康な身体作りをしたい方

身体にお悩みのある方は是非ご登録下さい。

ID @icl2123g    URL line://ti/p/@icl2123g


List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る