横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY


みなさん こんにちは

今日は前回書いた「筋肉の分泌器官としての働き」

に続いて

「脂肪の分泌器官としての働き」

書いていきたいと思います。

脂肪燃焼.jpg




まずは脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンを2つ

「レプチン」「アディポネクチン」というホルモンです。

この二つのホルモンは働く場所こそ違う物の

脂肪の蓄積を食い止めたり脂肪酸の代謝を高めたりします。¥

しかし、もちろん身体に悪さするホルモンもあります。

「レジスチン」
「インターロイキン-1」
「TNF-1」
「PAI-1」

などが挙げられます。

まずレジスチンはインスリンの作用を阻害して
糖の筋肉や肝臓への取り込みを低下させたりします。

これが悪化するとインスリンの分泌がされなくなって
しまうので

これはすなわち糖尿病の初期段階ともいうことができ

「脂肪細胞は糖尿病を起こす物質を分泌する」

いえます。

そして

「インターロイキン-1」「TNF-α」

動脈の内壁に過酸化物質を沈着させて
動脈硬化を促進したり「PAI-1」は血栓を生じやすくしたりします。

これは言い換えると

「脂肪細胞は脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす物質を分泌する」といえます。

脂肪細胞から分泌されるホルモンは良い物も悪い物も
併せて「アディポサイトカイン」または「アディポカイン」

よばれます。

そもそも脂肪はつまめる脂肪の「皮下脂肪」と

お腹周りに付くと言われている「内臓脂肪」

二つの形態がありますが

身体に良くないサイトカインを分泌する

脂肪組織は内臓脂肪といわれています。

内臓脂肪は食生活や運動習慣を改善することによって

減らすことが可能ですので日頃から

規則正しい生活、食習慣、適度な運動を

心がけましょう。

横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム

 ライトブラザーズの無料測定

カウンセリングのご予約はこちら↓↓↓


http://www.wb-gym.com/page/counseling/page1.php

 

お電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓
横浜店  045-320-9277
恵比寿店 03-6277-3929


List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る