横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY


みなさん こんにちは

今日は日頃のトレーニングによって私たちの身体の中では

どのようなことが起こっているのか?を

分かりやすく解説していきたいと思います。

トレーニングをすると一時的に筋肉が張ったような状態になるのを

感じたことがある方は多いと思いますが

これを一般的にパンプアップと言います。

kinniku_ude.png




このパンプアップはどのようにして起こるのか

メカニズムまで理解されてる方は多くないと思います。


なんとなく、筋トレによって血流がよくなり

充血した状態...?と考えられるかもしれませんが

そんなに単純な問題ではありません。

まず、筋肉内の血流は筋力発揮の仕方によって
変わります。

最大筋力の30%程度の負荷ですと
筋肉の血流量は顕著に増えます。

しかし、最大筋力の80%程度の負荷で筋トレを行うと

今度は筋内圧の上昇によって血流量が低下します。

実は筋トレ中は私たちの筋肉は貧血状態になっていたのです。

そして運動直後、今度は反対に筋肉内の循環抵抗が

大きく低下しますのでその反動として多くの血液が

筋肉に流れ込みます。

この多くの血液が流れ込んでいる状態、は

過血流の状態を表しているので
充血とは異なります。

ではこの過血流が「パンプアップ」を指すのかというと

これもまた違います。


そもそも

筋トレを行うと代謝物質として
乳酸や二酸化炭素が作られます。

そして筋肉の筋繊維の間に代謝物質が溜まると

浸透圧が高くなり血液から血漿成分が
流れてきます。

こうなると筋肉が水膨れを起こしたような

状態になりこれが一時的なパンプアップと呼ばれます。


実際はパンプアップしているかどうかで質の良いトレーニングが

実施できたかどうかを判断するのは難しいです。

そしてパンプアップは一時的に筋肉の出力を低下させたり

関節の可動域を低下させるので

スポーツパフォーマンスを高めたいのであれば

パンプアップは不必要と言えると思います。

目的に合った負荷強度や動作の選択をしていきましょう!

横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム

 ライトブラザーズの無料測定

カウンセリングのご予約はこちら↓↓↓


http://www.wb-gym.com/page/counseling/page1.php

 

お電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓
横浜店  045-320-9277
恵比寿店 03-6277-3929





閲覧数 :
8
登録日 :
2019.01.07
15:22:39
トラックバック :
書き込みURL :
http://www.wb-gym.com/board/1882
List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る