横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY


みなさん こんにちは

今日はトレーニングの事に関して書いていきたいと

思います。

さて早速ですがみなさんは筋トレをする時に

何を意識してしていますか?

よく言われていることとして

「筋肉の動き」とか
「正しい動作」
「呼吸」

とか色々とあると思いますが

今日はちょっと新たな切り口で書いていきたいと思います。

筋トレの時に持つべき意識として

「もの」への意識です。

特に上半身のトレーニングの時に言える事なのですが

ダンベルやバーベルなどの物体への意識です。

簡単な言葉で言い換えると

「グリップの意識」です。

これは純粋にどう握るか?という話なのですが

種目によってグリップ、握る強さを意識するとトレーニングの質が

大きく変わります。

例えばアームカールでしっかりとバーベルやダンベルを

握れていない人はその分上腕二頭筋の収縮感が減ります。

こういう時は負荷を軽くして

動作の際にしっかりと握りこむことによって

動作自体も安定しそして強い収縮感を感じられます。

そしてこの理論を種目によって使い分けるのです。

胸の種目においてはバーやダンベルを押す局面で

強く握る事によって胸のより内側まで収縮を高められて

逆にダンベルフライなどの筋肉のストレッチを重要視する種目では

下ろす局面で握りを弱めることによって

ストレッチが強くかかります。

背中のトレーニングではラットプルダウンや懸垂では

引ききった所で強く握ると大円筋に負荷がかかって

キレイなセパレートを作る事が可能となりますし

逆にひっかけるように強く握らずに引いてみると

肩甲帯が柔らかくなり広背筋の下部までしっかりと刺激を

与えることが可能となります。

この「物への意識」は種目によって

考え方が大きく異なるので何を目的としているのか

「手段」と「目的」をしっかりと理解した上で

握り方を変えるとトレーニングの質も飛躍的に

良くなると思います。

是非参考にしてみてください。

横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム

 ライトブラザーズの無料測定

カウンセリングのご予約はこちら↓↓↓


http://www.wb-gym.com/page/counseling/page1.php

 

お電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓
横浜店  045-320-9277
恵比寿店 03-6277-3929



List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る