横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY


私たちが健康的な生活を送るうえで大切なことの
一つに「肥満の予防」があります。

そして肥満を防ぐために、食事をする際の
栄養素のバランスを気をつけた方が良いのですが

「脂質って全く摂らないほうが良いのかな...?

こんな風に考える方も多いと思います。

そこで今日は「脂質」の種類や働きを解説していきます。


脂質は本来、炭水化物・タンパク質と並ぶ
三大栄養素の一つです。

私達の身体に対する働きとしては

細胞膜を作ったりビタミンDやステロイドホルモンの生成
また、強力なエネルギー源になったりします。

三大栄養素、ということは
私たちの身体には欠かせない栄養素という事です。

これが不足するとエネルギー不足に陥ったり
肌荒れや血管がもろくなったり...身体にいいことはありません。

しかし、現代の食生活では
過剰に摂り過ぎてしまっている方も多いでしょう。

脂質を過剰に摂り過ぎると
肥満に繋がるだけでなく、高血圧や高脂血症、動脈硬化などの
生活習慣病を招くおそれがあります。

ここで大切なことは
「質」を見極める、ことです。

適量であれば身体にとって必要不可欠な脂質
ということは健康に良い脂質もあるはずです。

現代では質の悪い脂質が圧倒的に多く
質が悪いという事はそれだけ太りやすいということを示します。

ではどのように質の良い脂質を摂っていけば良いのか?

その点について解説していきましょう。

まず脂質は脂肪酸という物で構成されていますが
この脂肪酸には

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に区別できます。

飽和脂肪酸とは畜産動物に含まれる脂肪に多く
不飽和脂肪酸とは魚や植物性油脂などに含まれる脂肪を
さします。

肉などに含まれる飽和脂肪酸は普段から多く摂取していると
動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞を招くと言われています。

一方の不飽和脂肪酸は血中コレステロールを下げると
いわれていますが、脂質であることに変わりはないので
摂り過ぎれば無駄な体脂肪として蓄積されます。

不飽和脂肪酸を細かく分けると
ω-3脂肪酸系
魚、菜種油、大豆etc
dha-and-epa.jpg


ω-6脂肪酸系
                         紅花油、グレープシード油、大豆油etc

共役リノール酸
分けられます。


しかし、不飽和脂肪酸の中でも一つだけ
身体に良くないと言われている
脂肪酸があります。

それはトランス脂肪酸です。
00b4f92d8fd65bd979b9c31fc8b7fa66.jpg



これはマーガリンやお菓子などに多く含まれる
人工的に作られた油です。
トランス脂肪酸はコレステロール値をあげたり
心疾患、アトピーなどのアレルギーの症状も
悪化させる恐れがあると言われています。

なので大事なことは
自分が食べている食材には脂質がどれぐらい含まれているのか?
食材中に含まれている脂質は質の良い物であるのか?

をしっかり見極めることが大切です。

そして適量を守る、これも大切です。

知らなかった方は自分自身の食生活を
一度見直してみましょう。

横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム

 ライトブラザーズの無料測定

カウンセリングのご予約はこちら↓↓↓



お電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓
横浜店  045-320-9277
恵比寿店 03-6277-3929

 


List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る