横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY

お手軽に食べられて便利な「インスタント食品」は現代人の生活に欠かせないものとなっています。

小腹が空いたときや仕事に追われ落ち着いて食事がとれないときなど大変重宝します。

インスタントフードの種類はカップ麺からレトルトカレー、缶詰、冷凍食品など多岐にわたり、

味の改良も日々進んでいます。

その大半が簡単な調理や無調理で食べることができ、大変便利なものです。

しかし、食べやすいからといってこれらのインスタント食品に頼り過ぎた食生活をしていませんか?

インスタントフードは加工の過程で様々な添加物や化学物質などが添加されています。

インスタントフードは私たちの身体にどのような影響を与えるのか

日常的に食べ続けていると害はあるのか?

考えてみましょう! 

22-1.jpg



インスタント食品の特徴

①食品添加物が多く含まれている


食品添加物とは加工食品のほとんどに含まれており

保存料や着色料、香料、更には人工的に作られた人工甘味料などがこれにあたります。

添加物を使用して食品を加工すると低コストで大量生産できるためよく使用されています。

大量生産を可能にし、味をととのえたり、腐りにくくするなど便利な効果がある添加物です

必ずしも身体に安全とは言い切れません。

アレルギー症状を悪化させたり、発癌性があったり

また体内に蓄積し代謝機構や免疫機構を弱らせてしまう働きもあります。


質の悪い脂質

脂質はダイエットをしている方に限らず一般の方にも避けられる傾向にあると思います。

しかし脂質は五大栄養素の一つでもあり人間の生命活動には欠かせない物です。

ただし、質のよい脂とそうでないものがあるため摂取の仕方に気をつける必要があります。

そしてカップ麺などのインスタント食品に含まれている脂質は「過酸化脂質」といい

身体に有害な脂質を多く含んでいます。

これは油が酸化することによって出来る脂質で、摂り過ぎると腹痛や下痢などの症状に見舞われます。


③高塩分

多くのインスタント食品には塩分が過剰に含まれています。

世界保健機関が提唱している1日の塩分摂取目安量をご存知でしょうか?

世界保健機構は1日の塩分摂取目安量を57と定めています。

この塩分量はカップ麺一つをスープまで飲み干すと超えることもあります。

日本人の平均塩分摂取量は11213gとも言われているのは手軽に食べることのできるインスタント食品の影響も大きいと考えられます。

22-2.jpg



④栄養バランスの偏り

一般的に言われているバランスの良い食事とは

炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルが偏ることなく過不足なくとれる食事を指します。

インスタント食品をこの例に当てはめるとどうでしょうか?

炭水化物、脂質は十分に摂れる一方で、タンパク質やビタミン、ミネラルが不足しがちです。

栄養素がバランスよくとれないと肥満などの原因になるだけでなく、身体の不調や疾病を招きます。

身体への影響


骨がもろくなる

インスタント食品には「リン」と呼ばれるミネラルが多く含まれています。

現代の食事情では不足することはあまりないといわれています。

インスタント食品には多く含まれており

リンの過剰摂取はカルシウムの吸収を阻害してしまい骨を弱くしてしまいます。 

22-5.jpg



ホルモンバランスの乱れ

インスタント食品は私たちの体内で分泌されるホルモンの分泌や働きを阻害する可能性があります。

先述したリンには、カルシウムの吸収を妨げる際に自律神経を乱す働きがあるので女性の方は女性ホルモンのバランスが乱れる可能性があります。それと同時に女性ホルモンの働きを活発化する成分がほとんど入っていないためにこれらの食品を多く食べると体調不良や肌荒れなどを引き起こします。


生活習慣病のリスク増大

過剰な塩分、過酸化脂質、炭水化物と栄養バランスがあまりよくないインスタント食品ですが、これらの発達のおかげで私たちの生活の幅は以前より広がりました。

しかしそれ故、食習慣の乱れも引き起こしています。

塩分の過剰摂取状態が続くと、高血圧や血管の劣化による脳血管疾患など

さらには腎臓の機能低下による腎不全などの生活習慣病を招きます。

そして添加物などの身体に良くないものは体内にも蓄積していき

自律神経や体内時計を狂わせたりします。


中毒性を引き起こす

インスタント食品を始めとした加工食品には添加物の一つとして多くのグルタミン酸ナトリウムが含まれています。これはうま味成分の一つで、脳に働きかけて快楽中枢を刺激します。興奮毒性といって神経細胞を破壊、一度に摂り過ぎると頭痛や倦怠感などを引き起こします。グルタミン酸ナトリウムは味覚を鈍らせる作用もあるので食べ過ぎの原因にもなります。



インスタント食品には何が含まれているのか?

そしてどのような影響が私たちの身体に及ぶのか?

理解して頂けたかと思います。

しかしカップ麺一つ食べたからと言ってすぐさま癌になったり

肥満体型になるわけではありません。

健康的な生活、食習慣の第一歩は規則正しくバランスよくです。

このポイントを抑えたうえでたまにインスタント食品を食べる分には全く問題ありません。

食べる頻度の見直しや基本的な食習慣を健康的なものへ変えうまく付き合っていきましょう。

22-4.jpg



横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム

 ライトブラザーズの無料測定

カウンセリングのご予約はこちら↓↓↓

http://www.wb-gym.com/page/counseling/page1.php


お電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓
横浜店  045-320-9277
恵比寿店 03-6277-3929



List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る