横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY

ウォーキングやジョギングといった有酸素運動は、健康維持やダイエットのために行われたりします。

特に「脂肪燃焼」を行うためには「有酸素運動」といった強いイメージがあるのではないでしょうか?

有酸素運動には脂肪燃焼以外にも様々な効果があります。そして目的によってやり方も異なります。

有酸素運動を行う際の注意点、適切なやり方について説明していきます。


23-5.jpg


有酸素運動時は呼吸によって体内に取り入れた酸素を利用し
炭水化物と脂質を分解してエネルギーを分解してエネルギーであるATPを創り出します。

有酸素運動の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?
ウォーキングやジョギングがイメージしやすいと思いますが様々な種類があります。
例えばフィットネスクラブであれば「エアロバイク」「カンベントバイク」「エリプティカルトレーナー」
といった様々なマシンがあり、またプールでの水中歩行は膝や腰への負担を減らしながらの有酸素運動となります。
強度の高いものであれば、「高強度インターバルトレーニング」も有酸素運動のひとつに数えられます。
この運動は無酸素運動を短いインタバールで間欠的に行う方法で
心拍数が最大心拍数の90%近くまで上昇するきついトレーニング方法です。
きつい反面、トレーニング後も代謝の良い状態が数時間続くという利点があります。

1日1万歩歩きましょう
という言葉をよく聞きますがこれは必ずしも万人に適したものではありません。
自分の体力や目的にあわせて適切な強度の有酸素運動を適当な時間行う事が
最大限の効果を得るための秘訣といえます。


では有酸素運動の効果とは??

①血管を若く保ち血圧を下げる
有酸素運動は血管内皮細胞という細胞から一酸化窒素を産生し血管を拡張します。
血管を拡張させる働きがあり、動脈硬化の発症リスクをさげ血管を若く保つ作用があります。


②血糖値を下げる
有酸素運動よってインスリンの感受性を高めることができるため
血糖値の上昇を抑えることができます。

③血流を良くして疲労回復
全身運動である為、全身の血行を良くします。
血流が良くなることによって酸素が体内をめぐり、栄養素が身体の隅々まで行きわたります。
その結果疲労回復を早めることに繋がります。


④認知機能向上
一般的に海馬は加齢に伴い減少していきますが、持久的運動を継続していくことによって
海馬体積が増加し、記憶力を高めると言われています。

有酸素運動にはダイエット効果だけでなく、健康寿命を延ばす重要な役割があります。
ご自身にあった運動を続けていきましょう!

横浜・恵比寿パーソナルトレーニングジム
ライトブラザーズへのお問い合わせはこちらから
List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る