横浜のパーソナルトレーニングジム【Wright Brothers(ライトブラザーズ)】

GALLERY

スクリーンショット 2020-04-27 10.46.57.png


免疫力を高めるためには、 

1. 健康な食べ物の摂取と適切な運動、ストレス解消が非常に重要です。

一見、解決策は簡単そうに見えますが、これを日常で地道に実践するのは簡単な事ではないと思います。

最近、ウイルスに対する恐怖と免疫力に対する関心が非常に高まっており、免疫力を高めてこの時期をうまく乗り切るために、簡単かつ実践可能な情報が必要だと思います。 免疫力を高める食べ物を話しながら"健康な食べ物の摂取"が何なのか、なぜ重要なのかについて見てみましょう。


2. 体の免疫力は70%が腸からくる。 

腸内の腸粘膜には多くの菌が棲息している。 専門家によると、腸粘膜に100兆匹以上の腸内細菌が棲息しているという事です。 腸内細菌と食べ物、腸の分泌液、粘液などが作動して代謝物質を作り出します。 腸粘膜の状態と腸内細菌の力のバランスが私たちの体の免疫を左右する主役の1つです。 良い腸内細菌が腸粘膜を保護したり、腸粘膜の状態をよくする菌を育てたりするなど、好循環の役割を果たせば健康だが、逆に腸粘膜が破壊され、続いて悪い菌が蔓延すれば、免疫は限りなく崩れることになります。 私たちの体の免疫は70~80%が長粘膜の状態と良い腸内細菌に影響を受けるので、これを生かすことが本当に重要になります。

免疫力を高める食べ物!


一般的には炭水化物、脂肪、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど5大栄養素のバランスを整えて食べるのが一番良いと言われてます。 しかし、どんな食べ物が今私に必要な栄養素なのか、今日一日どれくらい食べたのか把握するのは簡単ではない。 さらに、食生活の変化で現代人のビタミン、ミネラル、栄養素の摂取が過去に比べてどれほど減ったかほとんど知らない。 


残念ながら免疫力強化には"微量栄養素"と呼ばれるビタミン、ミネラル摂取が非常に重要だ。 具体的にはビタミンA、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セレニウム、鉄、銅、葉酸などが免疫力と関連がある。 これは腸粘膜の状態を良くし、良い腸内細菌を優勢にする。

では、このような栄養素はどうやって得られるのでしょうか。 菜食の比重を高めるために、生活に必要な簡単な方法である. "ファイトケミカル"として知られる植物性内在栄養素が腸粘膜と腸のバランスを良くし、免疫力を強化させる。 摂取の際は色別に多様に構成すると良い。 この他にも腸に良い環境を作る食べ物は食物繊維、発酵食品、水などがある。

<免疫力を高める最高の食べ物100>の著者シャーロット·ヘイは、"ビタミンCと強力な抗ウイルス物質であるビタミンA、白血球の活動を助けるビタミンB群、抗体生産を活発にするビタミンE、細胞の活動を助け、抗体を生産するのに必ず必要なミネラル、免疫力向上を助ける抗体と酵素を含むたんぱく質をバランスよく摂取することが重要だ"と語る。

どんな献立が良いか。

"奇跡の食卓"(Eat to Live)の著者であるジョエル·パールマン博士は主に野菜、果物に豊富な"微量栄養素"の重要性を強調する。 ビタミンと無機質、ミネラル、ファイトケミカルなどだが、博士は"微量栄養素なしには健康に生きられない"と言う。 私たちの体は微量栄養素が豊富な植物性自然食品、すなわち"本当の食べ物"を主に摂取してこそ免疫力を増加させ、各種疾病に打ち勝つことができるという主張だ。 博士の論理は炭水化物を減らし野菜の摂取量を増やすことから始まる. 野菜はピラミッドの一番下にあり、摂取量が重要だ。 野菜の次に重要な食品は果物、ナッツ、種子、豆である。

博士は"毎食最も理想的な組み合わせは緑色野菜、玉ねぎ、きのこ、豆、種、ベリー類を食べることで、このとき自然治癒及び免疫力が極大化される"と話す。 その他にも精製された材料は免疫機能を抑制し、体重増加にも影響を与えるため、化学物質が多い加工食品やファーストフードなど栄養素が不足している食品はできるだけ摂取を減らすのが良いと言う。

1.ミネラル不足にならないように

加工食品とインスタント食品の利用が増え、現代人に共通して不足しているミネラル成分がある。 普段、自然食を株で管理していたなら大丈夫だが、そうでなければカルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛のようなミネラルを摂取した方が良い。 カルシウムは主に海藻類、緑色野菜類、魚類、牛乳、チーズのような食品に、マグネシウムは穀物類、ジャガイモ、サツマイモなどに鉄分は貝類、豆、卵黄などに、亜鉛はカキ、オートミールなどに豊富に入っている。 

2.体温を高める食品をとりましょう!

酵素は温度が38度の時に最も旺盛な活動をすると言われている。 体温が1度下がれば酵素の働きは低下する一方、1度が上がれば免疫力が5倍高くなるという主張もある。 ニンニク、シナモン、ショウガなど体温を上げる食べ物でメニューを作り、体を温めて細胞分域を旺盛に作れば、免疫力は自然に上がる。 

3. 化学添加物の多い食品は減らさなければならない

免疫力が重要な時期には、化学物質や添加物が多く入った加工食品を減らすのがよい。 加工食品に使われる添加物が過多な場合、腸内細菌の増殖に否定的な影響を及ぼすという発表資料が少なくない。 腸内細菌のうち、有翼菌の増殖と均衡は免疫力と直結する要素という点を考慮しなければならない。 

4.水を利用しましょう

呼吸器の粘膜を暖かく潤ってケアするのは免疫力の維持に重要な部分だ。 ぬるま湯や温かいお茶をよく飲んだ方が良い。 1日に6~8杯程度1.5l前後、ぬるま湯を飲んだ方が良い。 緑茶や紅茶は香酸化栄養素の入ったカテキンが豊富で、欠明子茶もビタミンA成分が豊富だ。 喉に良い醫梗茶、五味子茶、真皮(みかんの皮)茶も役に立つ。

閲覧数 :
1
登録日 :
2020.04.27
10:57:16
トラックバック :
書き込みURL :
https://www.wb-gym.com/board/2077
List of Articles
▶横浜のパーソナルトレーニングジムならWright BrothersのTOPへ戻る